過払い請求Q&A

Q.過払い金って何ですか?

消費者金融やクレジット会社に払い過ぎたお金のことを「過払い金」といいます。
消費者金融やクレジット会社から利息制限法という法律で定められた上限金利を超える金利でお金を借りていた場合は、過払い金が発生している可能性があります。

Q.利息制限法の上限金利は何%ですか?

利息制限法の上限金利は、

  • 元本が10万円未満の場合        年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
  • 元本が100万円以上の場合       年15%

となっています。

数年前までは、ほとんどの消費者金融、クレジット会社が利息制限法の上限金利を超える金利でお金を貸していました。

Q.何年も前に支払いが終わっているけど過払い請求できますか?

請求できます。
ただし、最後の取引から10年が経過すると時効により過払い金を請求する権利が消滅します。

Q.まだ借金が残っているけど過払い請求できますか?

相手の業者から取引履歴(貸し借りの明細)を取り寄せて、利息制限法で定める利率で計算し直した結果、過払い金が発生していれば請求できます。
利息制限法の上限金利を超える取引期間が長期にわたる場合は、すでに借金がなくなっている可能性もあります。

Q.クレジットカードのショッピングでも過払いになりますか?

過払いになりません。
キャッシング機能を利用した場合に過払い金が発生する可能性があります。
ショッピングにより借金が膨らんだ場合でも任意整理など他の手続きで整理することは可能です。

Q.過去に破産しました。今から過払い請求できますか?

近年は過払いになっているか調査(利息制限法に基づく再計算)をしてから破産申立をするようになっています。しかし、数年前までは、そのような再計算をすることなく破産申立をしていることがあるため、過払いになっているケースもあります。計算した結果、過払いであれば過払い請求できることになります。

Q.相続人から過払い請求できますか?

相続人からの過払い請求は可能です。ただし、相続人全員で請求するか、遺産分割協議をして相続する人を決める必要があります。

Q.過払い金を取り戻すにはどれくらいの期間がかかりますか?

過払い金を請求する相手業者によって様々です。
専門家に依頼をしてから3か月程で戻ってくるところもあれば、半年以上かかるところもあります。

Q.裁判になることもありますか?

あります。
裁判になるケースの方が多いのが現状です。
相手は過払い金を返したくないですから、話し合いでは「請求金額の〇割しか返せません」というような対応がほとんどです。
話し合いが決裂すると裁判によって請求することになります。


  過払い請求手続きの流れははこちら!>手続きの流れ

トップに戻る