自己破産とは

自己破産とは、債務者(借金をしている人)が有する総財産を強制的にお金に換え、各債権者(お金を貸している人)の債権額に応じて公平に比例弁済を行う手続きです。

ただし、財産といえるものがない債務者の場合は、破産手続き開始と同時に廃止し、財産をお金に換える手続きは行いません。

そして、残った債務(借金)について免責許可決定(借金を支払う責任の免除)を得ることで、はじめて債権者の追求から解放されることになります。

自己破産のメリット、デメリット

メリット

  • 貸金業者からの取り立てがなくなる。
  • 免責許可決定を得れば、借金の支払い義務がなくなる。
    (ただし、税金など免責されないものもあります。)
  • 官報や破産者名簿に名前が載るが一般的には破産したことを知られることはない。
  • 選挙権がなくなるとか、戸籍、住民票に破産の記載が載るということもない。

デメリット

  • ある程度価値のある財産はお金に換えて債権者へ弁済する必要がある。
  • 信用情報機関に登録され(いわゆるブラックリスト)、しばらくは通常の金融機関では借入ができなくなる。
  • 借金の中に、保証人がついているものがあれば、破産手続きをしたとしても、保証人に請求がいく。
  • 免責不許可事由があり、免責(借金を支払う責任の免除)が許可されない場合がある。(免責不許可事由とは、財産を隠したり減少させたりする行為をした、ギャンブルや浪費で財産を減少させ過大な債務を負担した、一部の債権者に対してのみ返済を行った、詐欺的な借入をした等)
  • 免責までの間、職業制限がある。
  • 裁判所に提出する書類の関係上、家族に内緒で手続きを進めることは難しい。家族の協力が必要。


    自己破産Q&Aはこちら!>自己破産Q&A

トップに戻る