相続放棄とは

「親が亡くなった後に、突然消費者金融から請求書が届き、驚きました。財産は何もないと思っていたのに借金があったとは知らなかった・・・」

このようなことでお困りではないでしょうか。

親が死亡すると相続が開始し、子は当然に親の遺産(相続財産)を相続します。

遺産にはプラスの遺産(現金、預金、不動産など)もあれば、マイナスの遺産(借金)もあります。

親の遺産が、マイナスの遺産の方が多い場合、つまり借金の方が多い場合でも相続人はその遺産を相続しなければいけないのでしょうか。

親の借金を必ず子が相続しなければならないとすれば、それは酷な話です。

そこで、相続人には遺産を全て相続するか、または、一切相続しないか(相続放棄)の選択権が認められています。

ただし、相続放棄をするには「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3か月以内に家庭裁判所で手続きをしなければいけないので注意が必要です。

相続放棄Q&A

Q.相続放棄手続きの流れは?

司法書士に相続放棄申述書の作成を依頼した場合は、次のような流れで手続きを進めます。

1.面談:まずは司法書士とご依頼人(相続放棄する人)との面談により、相続放棄をしたい理由をお聞きし、相続放棄をすべきか、相続放棄ができるかを検討します。

2.必要書類(戸籍等)の収集:面談により相続放棄をするということになれば、必要書類を収集します。

3.相続放棄申述書の作成:必要書類が収集できましたら司法書士が相続放棄申述書を作成します。

4.家庭裁判所に提出相続放棄申述書と必要書類(戸籍等)を死亡した方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に提出します。

5.家庭裁判所からの照会:家庭裁判所に相続放棄申述書を提出すると、相続放棄をする人の住所に、家庭裁判所から照会書が届きます。その照会書に必要事項を記入し家庭裁判所に返送します。

6.相続放棄の受理:家庭裁判所に照会書が返送され、裁判所が相続放棄を受理できると判断すれば、相続放棄が受理されます。

7.相続放棄受理通知書相続放棄が受理されると相続放棄をした人の住所に相続放棄受理通知書が届きます。これで相続放棄手続きは終了です。

8.相続放棄受理証明書相続放棄受理通知書は、再発行されないので、債権者などに提供したりするために受理通知書に代わる「受理証明書」を取得することがあります。

Q.相続放棄手続きの必要書類は?

相続放棄に必要な書類は、司法書士が代わりに取得することもできるので、ご自身で収集できない場合はご依頼ください。

【共通】
1 被相続人の住民票除票又は戸籍附票

2 申述人(放棄する方)の戸籍謄本

【申述人が,被相続人の配偶者の場合】
3 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

【申述人が,被相続人の子又はその代襲者(孫,ひ孫等)(第一順位相続人)の場合】
3 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

4 申述人が代襲相続人(孫,ひ孫等)の場合,被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

【申述人が,被相続人の父母・祖父母等(直系尊属)(第二順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)】
3 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

4 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合,その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

5 被相続人の直系尊属に死亡している方(相続人より下の代の直系尊属に限る(例:相続人が祖母の場合,父母))がいらっしゃる場合,その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

【申述人が,被相続人の兄弟姉妹及びその代襲者(おいめい)(第三順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)】
3 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

4 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合,その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

5 被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

6 申述人が代襲相続人(おい,めい)の場合,被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

Q.相続放棄手続きにかかる費用は?

相続人一人あたり、

  • 司法書士報酬32,400円~43,200円
  • 実費(収入印紙や切手、戸籍等の費用)数千円

相続放棄手続き費用>

手続き内容報酬(税込)実費
相続放棄申述書作成32,400円収入印紙:800円、切手:数百円
必要書類収集10,800円戸籍等:数千円
合計43,200円数千円

Q.死亡から3ヶ月が過ぎても相続放棄できる?

相続放棄をするには「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3か月以内に家庭裁判所で手続きをする必要があります。
「自己のために相続の開始があったことを知った時」とは、被相続人が死亡した事実を知って、さらに、自分が相続人となったことを知ったときです。
ですから、被相続人が死亡した事実を知らなかった場合や、死亡したことを知っていても、自分が相続人であることを知らなかった場合には3ヶ月の期間は始まっていません。
また、被相続人に財産(借金)が全くないと信じた事情などがあれば3ヶ月を経過していても相続放棄ができる場合もあります。

Q.相続放棄できないこともある?

下記の場合は相続を承認したとみなされるため相続放棄できません。

  • 相続人が相続財産を処分したとき。
  • 相続放棄ができる期間(3ヶ月)を経過したとき。
  • 相続放棄をした後であっても相続財産の全部もしくは一部を隠したり、消費してしまった場合など。