個人再生とは

法律で決められた最低弁済額以上の弁済を原則3年間続ければ、残債権が免責(残った借金を支払う責任が免除)される手続きです。

また一定の条件を満たせば、住宅ローンの支払いを続けることができ、住宅を守ることができます。

個人再生のメリット、デメリット

メリット

  • 一定の条件のもと借金の額を大幅に減額することができる。
  • 一定の条件を満たせば、住宅を守ることができる。
  • 自己破産のような職業制限がない。
  • 自己破産のような免責不許可事由がない。

デメリット

  • 将来において継続的にまたは反復して収入を得る見込みが必要。失業者や専業主婦等は利用できない。
  • 信用情報機関に登録され(いわゆるブラックリスト)、しばらくは通常の金融機関では借入ができなくなる。
  • 借金の中に、保証人がついているものがあれば、個人再生手続きをしたとしても、保証人に請求がいく。債務者が個人再生をしても保証人の債務は減額されない。
  • 裁判所に提出する書類の関係上、家族に内緒で手続きを進めることは難しい。家族の協力が必要。


    個人再生Q&Aはこちら!>個人再生Q&A

トップに戻る