任意整理とは

任意整理とは、裁判所を利用せずに、弁護士、司法書士が直接、消費者金融やクレジット会社と返済金額、利息について示談交渉して和解契約を結び、分割で返済していく手続きです。

メリット

  • 弁護士、司法書士からの債務整理開始通知で、貸金業者の取り立て行為は禁止されるので、大半の業者からの取り立て行為は止まる。
  • ~20%の利率で支払っていた利息を0%にして分割返済できる。(ただし一部の業者は利息の支払を求めてきます。)
  • 月々の返済金額を払える範囲まで少なくすることができる。
  • 返済総額、毎月の返済金額、返済回数がはっきりするので、気分的に楽になる。
  • 取引期間が長い場合、借金が減ることがある。
  • 取引期間が長い場合、借金がなくなり、払い過ぎた利息が戻ってくる場合がある。
  • 自己破産個人再生手続きと比べ、手続き費用が安価。

デメリット

  • 信用情報機関に登録され(いわゆるブラックリスト)、しばらくは通常の金融機関では借入ができなくなる。
  • 借金の中に、保証人がついているものがあれば、保証人に請求がいく。
  • 非協力的な業者、例えば分割返済に応じてくれず一括返済を求めてくる業者の場合、いつまでたっても示談することができない。
  • 相手との合意により解決する方法なので、一方的にこちら返済案を強制させることができない。


    任意整理Q&Aはこちら!>任意整理Q&A

トップに戻る